格安SIM基礎知識

格安SIMの回線はドコモ、au、ソフトバンクのどこがおすすめ?

この記事では、格安SIMの回線はドコモ、au、ソフトバンクのどこがおすすめかについてご紹介していきます。

[box05 title="この記事を読むとわかること"]

  1. 3大キャリアそれぞれの回線のメリットやデメリット
  2. 各回線で選ぶべき格安SIMについて[/box05]

一般的に格安SIMと呼ばれているサービスは、基本的にMVNOといってdocomo、au、ソフトバンクの3大キャリアから回線を借りて行われています。そのため、格安SIMの品質はどこの回線を利用しているかに依存する部分があります。

対応する機種や通信環境、対応電波・周波数等、それぞれの回線によって違いがあるので、契約した後に自分の端末で使えないといったことが無いように事前に確認しておく必要があります。

今回は、3大キャリアそれぞれの回線における特徴や回線毎におすすめの格安SIMをまとめましたので、現在格安SIMを検討中の方は、是非ご参考にして頂ければと思います。

docomo回線でおすすめの格安SIMはどこか?

格安SIMをdocomo回線で探すなら?おすすめ3社とその理由!

まずは、国内シェアNo.1のdocomo回線を利用したい場合、おすすめの格安SIMをご紹介していきます。

docomo回線の格安SIMは数が多いですが、その中でも下記の3社がおすすめです。

楽天モバイル 1Mbpsでデータ使い放題と国内10分通話し放題が売りの新プラン、スーパーホーダイがお得。
OCNモバイル 3つの通話オプションが優秀でよく電話する人もお得に。特にその月の国内通話料上位3番号分が無料になるトップ3かけ放題がオススメ!
BIGLOBEモバイル お得なプランと対象ストリーミングサービスが使い放題のエンタメフリーオプションが人気。

[chat face="08337a3214f5a76eb7705fb980500ed0.png" name="デンパくん" align="left" border="none" bg="yellow"] docomo回線を利用する格安SIMは、料金が安いものが多いピカ!特に、楽天モバイル、OCNモバイル、BIGLOBEモバイルの3社は、基本料金に加えて通話やオプションが特徴的でお得ピカ! [/chat]

docomo回線を利用している格安SIMのメリットとデメリット

そもそも端末保証って?つけた方が良いオプション?

業界シェアトップのdocomoが提供している回線は、3Gの「FOMA」と4Gの「Xi」があります。2019年冬からは、さらに高速なデータ通信が可能な「PREMIUM 4G®」のサービスを開始しています。

docomo回線の強みは、通信網・電話網が広いことです。昔からdocomoは広い範囲で繋がりやすいと定評がありますよね。

docomo回線を使っている格安SIMが1番多いので、広い選択肢からあなたに合ったサービスを選ぶことができるのも大きなメリットです。

デメリットとしては、利用している人が多いので、その分回線が混雑しやすい点です。auやソフトバンク回線を利用する格安SIMよりも、混雑する時間帯で通信速度が遅くなりやすいです。

au回線でおすすめの格安SIMはどこか?

格安SIMをau回線で使えるのは?厳選2社とおすすめな訳!

続いて、au回線を利用している格安SIMをご紹介します。au回線の格安SIMといえば、やはりサブブランドであるUQモバイルですね。

UQモバイル auのサブブランドで、格安スマホの中で圧倒的に通信速度が速くて安定しているのが特徴。
mineo 3大キャリア全てに対応しており、パケットギフトやフリータンクといった独自のサービスも豊富。

[chat face="e58685998918449a8ee25e9be634994c.png" name="ゆうせい" align="right" border="green" bg="none"] au回線を利用した格安SIMは、UQモバイルを筆頭に通信の安定性や速度の速さが高く評価されています。 [/chat]

[chat face="08337a3214f5a76eb7705fb980500ed0.png" name="デンパくん" align="left" border="none" bg="yellow"] 格安SIMにしても通信速度を重視したい人にはau回線の格安SIMがおすすめピカ! [/chat]

au回線を利用している格安SIMのメリットとデメリット

ビッグローブSIMのプランは?格安な料金プランを紹介

auは、3G、4G LTE回線を提供しています。また、キャリアアグリゲーションを利用した超高速通信のサービスも始めています。

au回線の強みは、通信速度の速さとつながりやすさです。サブブランドであるUQモバイルは、格安SIMの中で1、2を争うくらいの通信スピードを誇り、3大キャリアと比べても遜色ありません。

UQモバイル以外の格安SIMでも、複数の回線が選べる格安SIMで、docomoやソフトバンク回線に比べて、au回線の方が速度が速い傾向にあります。

デメリットとしては、docomoに比べて、選べる格安SIMが少なく、対応している端末も少ないことでしょう。

ソフトバンク回線でおすすめの格安SIMはどこか?

格安SIMでソフトバンク回線ならこの2社!魅力のプラン内容を紹介!

最後は、ソフトバンクの回線を利用している格安SIMについてご紹介します。au同様、ソフトバンクにもY!mobileというサブブランドがあり、こちらも大手キャリアに引けを取らない品質です。

Y!mobile ソフトバンクのサブブランドで、自社回線も使用しているため通信速度も速く、品質が高い格安SIM。
LINEモバイル LINEやSNSの通信料がかからないのが特徴で、1GBのデータSIMが500円からというリーズナブルな料金も魅力。

[chat face="e58685998918449a8ee25e9be634994c.png" name="ゆうせい" align="right" border="green" bg="none"] ソフトバンク回線の格安SIMならソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除せずにそのまま使えるという利点があります。 [/chat]

[chat face="08337a3214f5a76eb7705fb980500ed0.png" name="デンパくん" align="left" border="none" bg="yellow"] LINEモバイルはソフトバンク回線の格安SIMの中でトップクラスで安い料金で使えるピカ! [/chat]

ソフトバンク回線を利用している格安SIMのメリットとデメリット

IIJのデメリットは?これには注意!

ソフトバンクも先述の2つのキャリアと同様に、「SoftBank 3G」と「SoftBank 4G LTE」の2種類の回線を提供しています。

ソフトバンク回線を利用している事業者は最も少なく、docomoやau回線には対応していても、ソフトバンク回線には対応していない格安SIMも少なくありません。

そのため、ソフトバンク回線の格安SIMを利用している人は他の回線より少なく、回線が混雑しにくく、通信速度も速いというメリットがあります。また、サブブランドで人気のY!mobileの存在も大きいですね。

デメリットは、他キャリアよりも通信設備のレンタル料が高いようで、ソフトバンク回線の格安SIMの料金も高くなっていることです。

【まとめ】各回線を利用する格安SIMのメリットとデメリット

これで一目瞭然!それぞれの回線のメリット・デメリット!

それぞれの回線の特徴や格安SIMの料金プランについて見ていきましょう。

docomo au ソフトバンク

メリット 電波環境が良く、SIMの選択肢が多い。 通信速度が速い。料金が最も安い。 利用者が少ない為通信が混雑しにくい。
デメリット ユーザーが多いので回線が混雑しやすい。 SIMの選択肢が少ない。 比較的料金が高め。





楽天モバイル 1,480円 1,480円
OCNモバイル 1,800円
BIGLOBEモバイル 1,600円 1,600円
UQモバイル 1,480円
mineo 1,600円 1,510円 1,950円
Y!mobile 1,980円
LINEモバイル 1,690円 1,690円 1,690円

※ 3GBの月額基本料金。新規割などの申し込むだけで適用される割引を適用された金額。

[chat face="f40841c99978d0ca33091a0d79e25efc.png" name="ゆうせい" align="right" border="none" bg="green"] それぞれ特徴があるとは言え、どの回線が良いかは断言しにくいですね。 [/chat]

[chat face="66eb39d557e7cbc22e867f865972c419.png" name="デンパくん&ピカ子先生" align="left" border="red" bg="none"] 使い方や地域など人によるとしか言えないわね。後は、現在使っているスマホが対応している回線の格安SIMにするのが無難ね。 [/chat]

3大キャリアすべての回線に対応している格安SIM

全ての回線に対応!迷ったらこの格安SIMがおすすめ!

ここまで、docomo、au、ソフトバンクそれぞれの回線を利用している格安SIMをご紹介してきました。最終的には、ご自身に合った回線の格安SIMを選ぶと良いでしょう。

「どの回線が自分に合っているか分からない」という方には3大キャリア全ての回線に対応しているmineoがおすすめです。

mineoのおすすめポイント

  • docomo、au、ソフトバンク全ての回線に対応している。
  • 契約した後も回線を変更可能。(手数料有り)
  • 独自のコミュニティ「マイネ王」でスタッフやユーザー同士で交流できる。
  • 契約期間の縛りが無く、解約料がかからない。
  • 余ったデータを誰とでも分け合うことができる。

mineoに申し込む

-格安SIM基礎知識

Copyright© RunRun blog , 2021 All Rights Reserved.