コラム

「人生は死ぬまでの暇つぶし」だから、なるべく充実した暇つぶしにしたいと思う!

人生に意味なんてないんだよ。だって、100年後には、ほとんどみんな死んでこの世からいなくなるんだから、、、

この地球、いや、宇宙の歴史に比べれば、僕ら人間の人生なんてほんの一瞬。仮に宇宙を創造した創造主がいるとして、この世を観察しているとしても、創造主にとって、僕らの人生なんて観測できないくらい短いだろう。

「なんか、遠くでちっぽけな存在が生まれては消えてを繰り返しているけど、まあ、こっちのブラックホールの観察の方が重要だから気にしないでおこう」

そんな風に創造主は思っているはず。だって、そのくらい宇宙に比べたら人間は小さすぎるし、人生は短すぎるのだから。

「俺の人生には壮大な意味がある。お前みたいなクズ人間の人生と一緒にするな!!」

おっしゃる通り、僕よりはるかに人間社会に意義のあることをしている人はたくさんいるし、そういう人生にものすごく価値を感じる方もいらっしゃると思います。

でも、そんなすばらしい人間であっても、死は避けられません。いずれこの世からいなくなるのです。例え、そのすばらしい人間が社会をより良くし、多くの人を幸せにしたとしても、宇宙の歴史から考えれば、ほとんど意味がないのです。

「じゃあ、どうすれば、この無価値な人生を有意義に、それこそ、希望に満ちて、過ごせるんですか?」

RunRun

どーも。RunRunです。書きたいこと書いていたら、前置きが長くなりまして、申し訳ございません。

ここまで、長文・駄文を読んで頂き、感謝しております。

今回の記事では、「人生は死ぬまでの暇つぶし」について書いてみました。何となく僕が書きたかっただけの記事ですので、クオリティーに関しては悪しからず。

僕は、ある時ふと気づいてしまったのですよね。どんなに優秀な人でも、イケメンでも、金持ちでも、いずれ死ぬって(当たり前か!)。

そして、彼らが人間社会に良い影響を与えたとしても、太陽が爆発して地球がなくなれば、「はい終了!」って感じで全て消えてなくなってしまうんですよね。

そう思うと、人生ちょっとむなしく感じるかもしれないですが、それが現実です。

そんな現実を受け入れることで、僕は逆に何か吹っ切れた感じがしました。

「人生は死ぬまでの暇つぶし」だと思っている僕が、今人生に対してどういう考えしているのか、自分の思考を整理したいという個人的な都合でひとまず記事を書きました。はい、自己満足ですね。

でも、人生って実は自己満足が全てだと思うんですよね。それ以上でも以下でもない、自分が満足すれば全てOKなんですよ!

人生は壮大な暇つぶしでしかない

最初にも書きましたが、あなたの人生も、僕の人生も、あの金持ちで人格者でイケメンで憧れの存在の人生にも、基本的には何の意味もないというのが、僕の考えです。

それは、宇宙の歴史から比べれば、人間はあまりにもちっぽけすぎるからです。もしかすると、この宇宙の存在自体、全く意味がないのかもしれないですね。というか、たぶん意味ないと僕は考えています。例え、意味があったとしても、われわれ人間ごときが理解できるわけないんですよね。

僕は、研究者という仕事柄、実験動物を扱ったり、培養細胞を扱ったりします。もし、実験動物や培養細胞に高度な知能などが宿っており、「なぜ僕たちは生きているのか、何のために生きているのか」考えてたとしても、彼らは絶対、僕ら研究者の実験目的なんて到底理解できないんですよ。

僕らは、遺伝子を導入したり、薬を投与したり、いろいろな実験の目的があって、実験動物や培養細胞を使っています。彼らにとって、僕らはある種、この宇宙の創造主のような存在で、彼らの運命は僕ら実験従事者の手にかかっています。

この世の構造ももしかすると、これと似たような感じなのかもしれません。すなわち、この世自体が、なにかしら目的のある壮大な実験のために作られたのではないかと、、、

そして、創造主は何か目的があって、我々を観察したり、死なせたり、存在させたりしているのではないかと、、、ただ、その目的なんてどんなに考えても分からないと思います。それは実験動物が研究者の実験目的をどうあがいても理解できないのと同じです。

それでは、僕たちができることは何か?それは、「人生は死ぬまでの暇つぶし」だと割り切ってしまうことです。

そして、この無意味な人生を満足して過ごすために、なるべく充実した暇つぶししようと考えればよいのではないかと僕は思うんです。

暇つぶしなんだから、何やってもOK。死ぬ習慣に、「私の暇つぶし、めっちゃ充実していた!!超楽しかった!!」って思えれば、もう万事OKじゃないですか。

結局、人生は自己満足なんですよ!

では、充実した人生を送るにはどうすればよいか。答えは自己満足だと思います。自分が満足さえすれば、100点の人生です。

いい大学には入れたら満足、かわいい子と結婚できたら満足、会社で出世競争に勝ったら満足、家でゴロゴロして、好きな時間にゲームさえできれば満足、、、

満足する事って人によって千差万別ですよね。繰り返しますが、人生は無意味、単なる壮大な暇つぶし、だから何でもありなんです。

死ぬときに、「あ~~~、あんなことに時間を費やさなければよかったよぉぉぉぉ~~~!!!」ってならなければいいわけですよ。

そのためにどうするか。人生を充実される方法論は、今まで頭の良い先人たちがいろいろ教えてくれているので、まあ、今の生活に満足していなければ、本屋に運んで、自分モヤモヤを解消してくれそうな本を探してみればいいと思います(テキトーなアドバイスです、、、)。

というか、「こうすれば人生は充実しますよ!」なんて答えは正直ないですよ。自分で自己満足する人生にするにはどうすればよいか、あなたの価値観を日頃から深く考え、その価値観に合うように、1日1日を過ごす事でしか充実した人生は送れないです。

というわけで、とりあえず、あなたは何をしたら死ぬときに満足できたと思えるか考える習慣をつけてみましょう(超ざっくりアドバイスです、、、)!!!

ちなみに、僕の人生はどう過ごせば満足感が得られるか、深掘りした記事を書いていますので、興味ある物好きな方は是非読んでみて下さい。

関連記事
【個人的意見】人生の満足度を高めるために心得ておく3つの事。

「人生は自己満足である。」 20代前半の頃に、こういう風に人生をとらえた僕は、どうしたら自分の人生を自己満足できるかひたすら考えてきました。 そして、大きな概念というか、指針というか、「これからの僕の ...

続きを見る

充実感に満ちたまま死ぬことができれば、万事OK!

人生は死ぬまでの暇つぶしです。そこに何の意味もないです。でも、僕はこの「人生は無意味でただの暇つぶし」論は決して悲観的ではないと思います。

むしろ逆で、人生は超楽しいと感じています。だから、1秒1秒大切にし、目標を定めて頑張ったり、ダラダラ過ごして休んだり、好きなように過ごしています。

人生は本当に楽しいです。僕は心の底からそう思います。日本に生まれたというだけで、基本的に衣食住で困ることはないし、それでいて、いろいろな体験ができ、成功体験を感じたり、安らげたり、本当に自分は運が良かったなとつくづく思います。人生はいいものだなと、30年ちょっとしか生きてないですが、しみじみそう感じます。

ここまで読んで頂いた読者の皆様も、絶対、運が良いですよね。たぶん、僕以上の幸運の持ち主で、楽しい人生を歩んでいる事でしょう。

人生で重要なことは、死ぬまでの暇つぶしをいかに充実させ、自己満足感を得るか、ただそれだけだと僕は思います。是非、人生の最期の日、「俺の暇つぶしは、超充実してた!自己満足感Maxですわ!」って思いながら、この世にお別れしたいですね!

-コラム

Copyright© RunRun blog , 2021 All Rights Reserved.