お金

あなたはなぜお金を稼ぐのか?生きるため以外にお金を稼ぐ目的とは?

突然ですが、あなたはなぜお金を稼ぐのでしょうか。

あるいは、なぜお金を稼ぎたいのでしょうか。

そんなの生きるためだろ!!と即答された方、ご名答です。現代社会でお金を稼がずして、生きることはなかなか難しいでしょう。

ネット上で「お金なんてなくても、周りの人との信頼関係があるから、助けてもらいながら0円で生きていける」なんて主張している人もいるかもしれませんが、そういう人はかなり特殊な能力の持ち主でしょう。その特殊能力をお金を稼ぐことに注げば、もっと楽に生きられそうな気はします、、、(その人の好きな生き方をすればよいので、大きなお世話でしょうが、、、)

多くの人は、お金を稼ぐ理由に、子供の教育費とか、マイホームのローン返済とか挙げるのではないでしょうか。そして、少し生活に余裕が出たら、旅行に出かけたり、高級レストラン行ったり、車を買い替えたり、、、

では、もし、今抱えている負債をすべて返済でき、住みたい家も買いたい車も手に入れることができ、さらに将来遊んで暮らしていけるほど、お金を持っているとしたら、それでもあなたはお金を稼ぎ続けますか。

「そんなの、今の仕事辞めてまったりゆったり暮らすよ!」

と答える人も多いでしょう。しかし、冷静に考えるとめちゃくちゃつまらない人生になるのではないでしょうか。

僕は、「お金を稼ぐ意味って、実は人生を面白くするためなのではないか」と考えています。生活に全く困っていないのに、稼ぎ続ける人が世の中にたくさんいるのも、彼ら自身が人生を面白くするために、お金稼ぎという行為が必要不可欠だからでしょう。

今回はお金を稼ぐ目的について、僕の個人的な意見を記事にしました。僕自身が、普通の人に比べ、生活費がめちゃくちゃ安く、正直今やっている仕事を辞めても生きていける程度の蓄えはあります。しかし、仕事を辞めたいと思ったことはなく、それどころか、株取引したり、副業を始めたりと、もっともっとお金を稼ぎたいと思っています。

なぜこのような矛盾に満ちた行動をしているのか、僕自身、一度見つめ直す必要があると感じ、今考えていることを記事にしてみました。あくまで、一個人の意見ではありますが、もしご興味ある方がいましたら、最後まで読んで頂けると幸いです。

RunRun

どーも、RunRunです。僕は大手化学メーカーに勤務しているサラリーマンで、会社から頂く給料のみでも十分生活していけます。

それにもかかわらず、株取引は10年以上続けていますし、Webサイトも現在4サイト程運営しており、本業以外でもお金を稼ぎ続けようとしています。

現在、金融資産は4000万円を超え、しばらくは株取引もサイト運営もやめて、本業だけまったりやっていけば、問題なく暮らしていけます。のしかし、なぜか本業以外のことを熱心に続けており、もっともっと稼ごうとしています。使い道があまりないお金なのに、、、

「なぜ、生きるために十分な資産があるにもかかわらず稼ぐ続けるのか」ふと自分の行動に疑問を持ったので、お金を稼ぐ目的について記事にしてみようと思いました。この記事が、多くの人にとって「なぜお金を稼ぐのか」について深く考えるきっかけになれば幸いです。

生きるためにはお金が必要だ!

現代社会で生きるためには、ある程度お金は必要です。これは、誰も否定のしようがない事実です。今や世の中に存在するあらゆるモノ・サービスがお金と交換できます。すなわち、現代社会で上手く生き抜くためには、ある程度お金が必要です。事実、お金があればあるほど、あなたの人生はもっと自由に、もっと選択肢に満ち溢れて、もっと思い通りになるでしょう。

関連記事
お金の本質は?お金の役割を理解すれば、あなたの人生は幸せになる!?

お金持ちになりたいですか~~? こんな質問されたら、大体みんな「なりた~~い」って答えるでしょう。お金持ちの定義は置いておくとして、現代社会で快適に暮したり、自分のやりたいことをストレスなくやり遂げた ...

続きを見る

では、お金を稼ぎ続けて、自分が満足できるほどのあらゆるものを手に入れられるほどの資産を保有した場合はどうでしょうか。これ以上お金を稼いだとしても、もはやあなたの人生が自由になることも、選択肢が増えることもないという状況までお金を稼いだ場合、あなたは、何もせずダラダラ過ごしますか。

もし僕がその立場になったら、答えはNoでしょう。そして、おそらく多くの人が、お金を十分に持っていたとしても、稼ぐ行為をやめることはできないのではないでしょうか。

世界の大富豪たちが、一生使いきれないほどのお金を持っているにもかかわらず、なお未だに会社経営や株取引をし続けている理由は、決して「お金を稼ぐ=生活のため」だけではなく、それ以外の理由があるはずです。

例えば、プロのスポーツ選手が年俸交渉するとき、10億円だろうが20億円だろうが、もう生活できるのだからどっちでもいいだろう!と庶民の感覚からすると思うでしょう。しかし、彼らは、10億円を20億円にしようと交渉します。なぜ、彼らはそこまでお金にこだわるのでしょうか。もう十分、手に入れられるものはすべて手に入れられるほどの資産は持っているはずなのに、、、

お金を稼ぐ=成功体験

多くの人にとって、お金を稼ぐ第一の目的は、もちろん生活のためであるでしょう。しかし、それと同時に、お金を稼ぐ目的としてもう一つ重要なことがあると僕は考えています。

それは、「お金を稼ぐ=あなたの行為を客観的数値として評価してくれる」ということです。すなわち、お金をどれだけ稼いだかは、あなたがどれだけ成功体験を得たかを客観的に表しているということです。

経営者も投資家も、スポーツ選手も超一流の方は皆、生活に困ることは一生ないと思います。だからと言って、1億円儲けられる機会があれば、きちんと儲けようとします。それは、1億円を儲けるという成功体験を得るためでしょう。

資本主義社会で生きている以上、良くも悪くも金額という指標で、この世のあらゆるものが客観的に評価されます。あなたが汗水たらして働いた1時間も、投資家がパソコンの前で取引をして働いた1時間も、その間に稼ぎだした金額という客観的指標で評価されてしまうのです。

そして、稼ぎだした金額の大きさがそのまま、その人の行為の価値の大きさに結びついてしまいます。あなたがある行動をした結果、1億稼げれば、それは1億円分の価値を生み出したということにつながり、1億円分の成功体験を得ることになるでしょう。

そういうわけで、十分お金を持っている人も成功体験を積み重ねるために、お金を稼ぐことをやめることはできないのだろうと思います。それは僕自身も例外ではなく、どんなに暮らしが豊かになろうとも、資産が増えようと、成功体験を得るためにお金を稼ぐ行為は続けるのでしょう。

実は、この成功体験を得るということ、人生において最も重要なことの1つだと考えています。というか、成功体験なくして、人生は豊かにならないと僕は考えています。小さな成功体験の積み重ねは、自己肯定感につながり、やがて大きな自信につながります。

「僕はこれだけ稼いだ経験がある」というあなたの成功体験が、自信につながり、次の行動に必ずプラスになるでしょう。

なお、ここまでお金を稼ぐ=成功体験に焦点を当てて、記事を書きましたが、もちろんお金を稼ぐ以外にも成功体験は得られますので、ご安心ください。むしろ、お金にこだわりすぎるあまり人を不幸にすることは良くないです。例えば、詐欺などによって不当にお金を稼ぎ、「俺はこれだけ稼いだ経験がある」と考えるのは、人としてあるまじき行為です(世の中にはこういう人は一定数いるので、まあ関わらないようにするのが一番ですが、、、)。

僕が言いたいことは、「人を幸せにするとか世の中に価値を提供するといったすばらしい行為を客観的に評価してくれるのが、お金である。」ということです。その行為を通して稼ぎだした金額は、あなたに成功体験を与え、その積み重ねが大きな自信につながるのだと確信しています。

小さな成功体験の積み重ねが大きな自信につながる

お金は確かに生きていくためには必要です。しかし、それと同時に、お金を稼ぐという行為が、僕自身に成功体験を与え、自己肯定感を高めてくれるのだと、最近ようやく気づきました。

お金とは非常に残酷です。事実として、数字として表されるゆえに、あなたの行為の価値が客観的に評価されますし、周りと比べることもできます。一方で、あなたの行動により大金を稼ぐことができれば、それは紛れもない事実であり、大金を稼ぐだけの価値を提供できたということを意味します。その事実によって、あなたは大きな成功体験を得ることができるでしょう。

最後に、マズローの欲求5段階とこの記事の内容を結び付けて終わりとさせていただきます。マズローの欲求5段階は有名な内容ですが、「お金を稼ぎ、成功体験を得る」という行為は、欲求5段階の内、承認欲求や自己実現欲求にあたるのではないでしょうか。

「ありがとう!」「あなたの行為でとても助かった!」と周りから承認され、その対価としてお金を頂き、その経験が自信につながり、自己実現のための行動に移す。このようにお金を稼ぐという行為を通して、承認欲求や自己実現欲求は満たされていくと感じました。だから、どんなに富豪になったとしても人生を面白くするために、なりたい自分になるために、お金を稼ぎ続けるのだろうと思います。

あなたもなりたい自分になるために、お金を稼ぐという行為を上手く活用してみてはいかがでしょうか。「世の中、お金ではない」と主張する人がいて、それ自体は間違っていません。しかし、「お金を稼ぐ=行動を評価する客観的指標」ととらえることで、生きるため以外のお金を稼ぐ目的が生まれ、もっともっと「お金を稼ぐ」という行為が好きになるのではないでしょうか。

お金を稼ぐということは決して悪いことではありません。法律に触れず、まっとうに社会に価値を提供していけば、お金を稼ぐことができます。あなたの行為にお金を払う価値があると判断している人がこの世にいる限り、あなたはお金を稼げます。そして、お金を稼いだという事実は、確実にあなたに成功体験を与え、自信につながります。

さあ、今からお金を稼ぐという行為に真剣に向き合ってみませんか。生きること以外に、あなたなりのお金を稼ぐ目的を見つけることができれば、あなたの人生はもっともっと幸せになるでしょう!!

-お金
-

Copyright© RunRun blog , 2021 All Rights Reserved.