お金

おすすめのデビットカードはどれか。クレジットカードと比較したメリット・デメリットを徹底解説

あなたは、高校生ですか。

あなたは、浪費家ですか。

この2つの質問でどちらかに「YES!」と答えたならば、クレジットカードよりデビットカードを作った方が良いです。どちらにも当てはまらない人は、素直にクレジットカードを作りましょう。下記記事を参考に自分に合ったクレジットカードを選ぶといいでしょう。

関連記事
【2020年版】クレジットカードはこう使い分けろ。最もお得な使い分け方を徹底解説!

いろいろなクレジットカードがあるけど結局どのカードを持ったらいいの。 ネット上にはクレジットカードの詳しい解説がいっぱいあるけど、細かすぎてよく分からない。 そんな悩みを解決するために、この記事ではど ...

続きを見る

さて、今回は高校生や浪費家向けにおすすめのデビットカードを紹介します。おすすめのデビットカードを選ぶ際に考慮した点は、①還元率、②ポイントの使いやすさ、③連携する銀行のサービスです。ぜひ、デビットカードを作る際に参考にして頂ければと思います。

RunRun

どーも、RunRunです。僕は普段から10枚以上のクレジットカードを使い分け、効率的に貯めたポイントでプチ贅沢をすることで快感を得ている変人節約マニアです。

今回は、おすすめのデビットカード、3枚を紹介していきます。僕自身クレジットカードをメインで利用しているものの、デビットカードも複数枚持っています。デビットカードを作ることで、お得な特典を受け取れることもありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

デビットカードのメリット

デビットカードは高校生でも作れる

デビットカードのメリットの1つは高校生でも作れる点です。ほとんどのデビットカードは15歳以上から申し込めます(中学生は除く)。「クレジットカードを作りたいけど。高校生なのでまだ作れない。」という人は、高校卒業するまではデビットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

デビットカードは、クレジットカードと同様に利用額に応じてポイントが付与されます。現金支払いに比べ、付与されるポイント分お得です。日頃の買い物でもデビットカードを使ってコツコツポイントを貯めてもいいのではないでしょうか。

また、高校生で短期海外留学するなどの場合も、デビットカードは非常に便利です。留学先によっては、クレジットカードやデビットカードで支払いすることが当たり前の場所もあります。デビットカードを持参して留学するということも一つの選択肢として考えておくといいでしょう。

デビットカードで浪費を防ぐ

デビットカードは、利用する度に連携している銀行口座から引き落とされるシステムです(都度払いシステム)。すなわち、デビットカードで支払える額は、銀行口座の残高以下です。この点で、カード支払いであるものの、現金支払いに近い感覚です。

一方、クレジットカードの場合は、銀行口座から月末など決められた日にまとめて引き落とされます(後払いシステム)。引き落とし日までに、銀行口座にお金を入れておけさえすれば問題ないので、クレジットカードは銀行口座の残高以上に買い物をすることも可能です。浪費家の人は、ついついクレジットカードで買い物しすぎて、引き落とし日までにお金が足りずにピンチなんてこともあるのではないでしょうか。

デビットカードは、クレジットカードのような後払いシステムでないため、浪費家の使いすぎを防ぐことができます。もし、日頃からクレジットカードでアレコレ購入してしまう人は、デビットカードを作って、口座残高以上の買い物はできないように制限をかけましょう。そうすれば、少し無駄遣いを減らすことができるのではないでしょうか。

連携する銀行で特典が受けられる

各デビットカードを作る際は、銀行口座を開設する必要があります。銀行口座開設+デビットカード作成で、様々な特典が受けられますよ。

例えば、他行振込手数料が無料になる回数が増えたり、キャッシュバックされたりなどです。デビットカードの申し込み+利用をして、お得な特典を受け取りましょう。

おすすめのデビットカード3選

今回、デビットカード+連携する銀行について解説していきます。紹介するデビットカードは、すべて発行料無料、年会費無料のため、作って持っているだけでも損することはありません。ぜひ、デビットカードを作りたい人は参考にしてみて下さい。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体になったカードです。デビットカードの中では最も還元率が高く、還元率1%です。

100円の支払いにつき、1ポイントの楽天ポイントが付与されます。楽天ポイントは、楽天市場でネットショッピングに利用できたり、楽天Payを使ってコンビニなどの実店舗でも利用できるなど使い勝手の良いポイントです。

さらに、50ポイント以上楽天ポイントが貯まっていれば、デビットカードの支払いに充てることもできます。

楽天銀行デビットカードを申し込む

楽天Payアプリはこちらから

Google Play で手に入れよう

なお、楽天カードというクレジットカードもあり、デビットカードと同様、還元率が1%です。楽天市場での買い物ならば、還元率3%以上と非常にお得なカードなので、浪費癖のない18歳以上の方(高校生除く)は楽天カードを申し込みましょう。

関連記事
楽天カードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

楽天カードってよく聞くけど本当にお得なの? クレジットカードデビューして間もない初心者だけど、2枚目、3枚目のカードとしておすすめのクレカを知りたい! そんな方々にとってぴったりのカードが楽天カードで ...

続きを見る

楽天銀行デビットカードで連携する楽天銀行は、金利0.02%と非常に良いです(参考:ゆうちょ銀行は0.001%)。ゆうちょ銀行に20年間預けてやっともらえる利息を、楽天銀行ならばわずか1年間預けるだけでもらえますよ。

さらに、楽天カードを引き落としに設定すると金利0.04%、楽天証券とマネーブリッジすれば金利0.10%に上がります。数ある銀行の中で非常に高い金利のため、デビットカードを作らない人でも口座開設しておいて損はないでしょう。特に楽天カードを持っている人は、楽天銀行は絶対口座開設しておくべきでしょう。

楽天銀行の口座を開設する

Sony Bank WALLET (Visaデビットカード)

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)は、ソニー銀行のキャッシュカードとVisaデビットカードが一体化したカードです。ソニー銀行の口座開設するとキャッシュカードとデビットカード機能が一緒になったカードが送られてきます。

毎月1日~末日までのデビットカードの利用額に応じて、0.5%~2%がキャッシュバックされ、ソニー銀行口座へ入金されます。ステージが上がるにつれてキャッシュバック率も上がりますが、ステージアップ条件がかなりきついため、ほとんどの人は0.5%のキャッシュバックでしょう。

ステージアップの条件詳細はこちら

さらに、今ならカード発行後、2ヶ月以内に国内で5回以上利用すると1000円もらえます。利用金額は関係ないので、200円×5回利用して、1000円もらえれば、5回分の買い物は実質無料になりますよ。

カード発行後の2ヶ月間は1000円もらうために積極的に利用した方が良いでしょう。一方、それ以降は、還元率が0.5%なので楽天銀行デビットカード(還元率1%)を利用した方がお得です。

また、Sony Bank WALLETを申し込むと、ソニー銀行から他行振込手数料が月2回無料になります。毎月の何かしらの振り込みが必要で手数料がかかっている人は、今すぐSony Bank WALLETに申し込み、ソニー銀行の口座開設+Visaデビットカードを作りましょう。毎月かかる振込手数料って積み重なると大きな金額になるので、無料になるのは節約効果抜群ですよ!

なお、ソニー銀行の金利は0.001%でゆうちょ銀行と変わりません。金利面ではあまりお得ではないので、楽天銀行などの高金利の銀行になるべくお金は預けましょう。

Sony bank WALLETを申し込む

ジャパンネット銀行 Visaデビットカード

ジャパンネット銀行が発行しているデビットカードは、キャッシュカード+Visaデビットカードが一体となったカードです。還元率は2%で、500円で1JNBスター(=1円)もらえます。貯まったJNBスターは、銀行口座へチャージできます。

今なら、ジャパンネット銀行の口座開設月から2ヶ月後の月末までに3回デビットカードを利用すれば、1000円もらえるキャンペーンを開催中です(2020年7月現在)。利用金額は関係ないため、3回の合計利用額が1000円以下ならば、実質無料で買い物できますよ。この機会を逃さず、ぜひ1000円ゲットしましょう。

ジャパンネット銀行は、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、イーネット、三井住友銀行、ゆうちょ銀行で3万円以上の入出金ならばいつでも何度でも無料でできます。3万円以上という条件はあるものの、これだけのATMでの出入金が何度でも無料というのは便利ですよね。

なお、ジャパンネット銀行の金利は0.001%でゆうちょ銀行と変わりません。金利面ではやっぱり楽天銀行の方がお得ですね。

ジャパンネット銀行口座を開設する

ジャパンネット銀行のアプリはこちらから

Google Play で手に入れよう

デビットカードのデメリット

ここからはデビットカードのデメリットについて解説していきます。

ポイント還元率が低い

デビットカードの最大のデメリットは、ポイント還元率が低いことです。基本的にはポイント還元率には期待しない方が良いです。クレジットカードならば、還元率1.2%以上のカードもありますので、、、

関連記事
リクルートカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

初めてのクレジットカードは何を作ったらいいかな。 クレジットカードデビューして間もない初心者だけど、2枚目、3枚目のカードとしてお得なクレカを知りたい。 そんな方に自信をもっておすすめするカードがリク ...

続きを見る

関連記事
REXカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

初めてのクレジットカードは何を作ったらいいかな。 なるべく普段使いでポイントザクザク貯まる高還元率カードを作りたいな。 そんな方におすすめするのがREXカードです。年会費無料カードではNo.1の還元率 ...

続きを見る

関連記事
Visa LINE Payクレジットカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

お得なクレジットカードって何かな。 新しくクレジットカード作ってみたいけど何かおすすめのものはあるかな。 そんな方におすすめするのがVisa LINE Payクレジットカードです。LINEユーザーは持 ...

続きを見る

デビットカードは、銀行口座を開設した際に同時に申し込むとお得な特典も受けられることが多いです。高校生でも浪費家でもなければ、特典を受け取れること以外にデビットカードを作るメリットはあまりないでしょう。

デビットカードでお得な生活を!

今回はデビットカードを紹介しました。ここまで記事を読み進めて頂きながらこんなことを書くのもどうかと思いますが、大学生以上の浪費癖のない普通の人はクレジットカードを作った方がいいでしょう!一方、デビットカードは高校生も作れる点、また、現金に近い感覚で使えるため使いすぎを防げる点でクレジットカードより優れています。

今回紹介したデビットカードの中では、還元率が最も高く、なおかつ預金金利も最も高い楽天銀行デビットカードが最もおすすめです!!高校生や浪費家の方々は是非参考にして、デビットカードでお得な暮らしをしてみてはいかがでしょうか。

-お金
-

Copyright© RunRun blog , 2021 All Rights Reserved.