お金

ローソンPontaプラスはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

ローソンを頻繁に使っているけど、何かお得になるクレジットカードはないかな。

Pontaを効率的に貯めることができるクレジットカードが欲しいな。

そんな方にピッタリなクレジットカードがローソンPontaプラスです。なぜ、ローソン利用者におすすめなのか、徹底解説していきます。

RunRun

どーも、RunRunです。僕は普段から10枚以上のクレジットカードを使い分け、効率的に貯めたポイントでプチ贅沢をすることで快感を得ている変人節約マニアです。

今回紹介するローソンPontaプラスはローソン利用者にとっては、Pontaがザクザク貯まるクレジットカードです。

個人的にPontaは大好きなポイントなので、ローソンPontaプラスはサブカードとして重宝しています。

ローソンPontaプラスを申し込む

ローソンPontaプラスのメリット

ローソンPontaプラスはローソンの買い物でPontaが貯まりやすいすばらしいカードです。さっそく詳細を解説してきます。

ローソンPontaプラスはローソンで還元率4%

ローソンPointaプラスの基本還元率は0.5%。ポイント付与単位は、200円の支払いにつき1Ponta貯まります。

一方、ローソンで利用した場合、支払いごとに200円(税抜)につき8Ponta貯まり還元率4%です(2020年10月現在)。圧倒的還元率です!

ローソンで買い物するならば、ローソンPontaプラスを使うのが断然お得です。

ローソンPontaプラス新規入会でPontaもらえる

今ならローソンPontaプラスに新規入会+利用で最大5000Pontaもらえます(2020年10月現在)。

具体的には、新規入会で1000Ponta、さらに、3ヶ月間で5万円以上ローソンPontaプラスを利用すると+1000Pontaもらえます。

もしあなたが5万円以上の何かを買う予定があるならば、ローソンPontaプラスを作ってから購入してみてはいかがでしょうか。2000Ponta ÷ 50000円 = 還元率4%でお得に購入できますよ。

これだけでも十分にローソンPontaプラスを作る理由になりますが、その他の条件もクリアすればさらにPontaがもらえますよ!

  • 携帯電話・PHS料金の支払い(au、NTTドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル):2000Ponta
  • 登録型リポ「楽Pay」の登録:1000Ponta

携帯電話料金は、上記4つのどれかを利用していれば、支払い設定するとお得ですね。

楽Pay登録は、リボ払いなのでどのくらい手数料がかかるか(支払い料金と設定金額で変わります)まず確認しましょう。もし1000円以下ならば、登録しても良いとは思います。ただし、いつまでも無駄に手数料を払わないためにも、キャンペーンで1000Pontaもらえたら、登録解除することをおすすめします。個人的にはリボ払いは手数料高いので反対の立場なので、、、

このように、キャンペーンを利用すれば、さらにPontaを効率的に貯められますよ。しかし、Pontaを貯めることに気を取られ、無駄な支出を増やさないように注意は必要ですね。ポイントをもらうことではなく、節約することが最終目的ということを忘れないようにしましょう。

ローソンPontaプラスは年会費無料

ローソンPontaプラスは年会費無料です。カードを使わなくても年会費はかからないので、特にローソン利用者のみなさまは、とりあえず持っていても良いと思いますよ。

ローソンPontaプラスで貯まるPontaの使い道

ローソンPontaプラスはPontaが貯まるカードです。Pontaは非常に使い勝手の良いポイントなので、貯めたPontaを上手く使って楽しい節約生活を送ってみてはどうでしょうか。それでは、Pontaの使い道を見ていきましょう。

Loppi or ローソンアプリでお試し引換券と交換

最もおすすめするPontaの使い道は、お試し引換券と交換することです。お試し引換券は、ローソン店舗のLoppi、またはローソンアプリでPontaと交換して発券できます。

お試し引換券とは、お菓子、カップラーメン、ジュース、お酒など特定の商品とPontaが交換できる制度です。通常、1Ponta = 1円の価値ですが、お試し引換券でPontaを利用すると1Ponta =約2円~3円になります。これにより、ローソンPontaプラスの実質還元率は最大12%になり、まさに夢のようなカードです。

お試し引換券の例としては、通常300円のお菓子が100Pontaと交換できるといった感じです。Pontaをお試し引換券に変えて、大量の商品をもらって、楽しく節約しましょう!

さらに、お試し引換券の商品でもローソンPontaプラスをPontaカードとして提示すれば、1%のPontaがもらえます。お試し引換券で1000円分の商品をもらい、支払い金額0円であっても、10Pontaもらえます。

なお、Pontaの有効期限は加算または利用した日から1年間です。ローソンPontaプラスで買い物してちょこちょこPontaを獲得していれば、有効期限が過ぎて失効する心配もありません。

ローソンアプリはこちら

ローソン
ローソン
開発元:Lawson, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Ponta提携店の支払いで1Ponta = 1円として利用可能

Pontaは、ローソンやゲオなどのPonta提携店での支払いで1Ponta =1円で利用することができます。「お試し引換券で交換したい商品なんかね~~よ!」というあなたでも、有効にPontaを使うことができますよ。

Pontaが使えるお店はこちら

PontaはJALマイルと交換可能

PontaはJALマイルと交換できます。JALマイラーにとっては、ローソンPontaプラスで貯めたPontaをマイルに変えられるのは非常にうれしいですよね。

交換レートは、1Ponta = 0.5マイル。2Pontaから交換可能です。

上手く使えば、1マイル = 30円以上の価値にもなります。その場合、実質還元率50%以上なんていう夢みたいな還元率になる可能性もあります。

もちろんうまく使えばの話ですので、JALマイルなんて全然貯めていない人にとっては、JALマイルに変える方が損しますよ。基本的にはPontaのまま利用することをおすすめします。個人的には、お試し引換券に交換の一択です!

ローソンPontaプラスを申し込む

ローソンPontaプラスのデメリット

ここからはローソンPontaプラスのデメリットについて説明していきます。

ローソンPontaプラスはローソン以外ではお得ではない

ローソンPontaプラスは、ローソン以外で利用すると還元率が0.5%であり、他の高還元クレジットカードに大きく劣ります。したがって、ローソンPontaプラスをメインカードとしてではなく、サブカードとして利用することをおすすめします。

メインカードとして使える高還元クレジットカードは下記記事を参考にして頂ければと思います。基本還元率とポイントの使いやすさという点で、リクルートカード、REXカード、楽天カードがおすすめです。

関連記事
リクルートカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

初めてのクレジットカードは何を作ったらいいかな。 クレジットカードデビューして間もない初心者だけど、2枚目、3枚目のカードとしてお得なクレカを知りたい。 そんな方に自信をもっておすすめするカードがリク ...

続きを見る

関連記事
REXカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

初めてのクレジットカードは何を作ったらいいかな。 なるべく普段使いでポイントザクザク貯まる高還元率カードを作りたいな。 そんな方におすすめするのがREXカードです。年会費無料カードではNo.1の還元率 ...

続きを見る

関連記事
楽天カードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

楽天カードってよく聞くけど本当にお得なの? クレジットカードデビューして間もない初心者だけど、2枚目、3枚目のカードとしておすすめのクレカを知りたい! そんな方々にとってぴったりのカードが楽天カードで ...

続きを見る

支払いごとにポイントが付与されるため切り捨てられる金額が高い

ほとんどのクレジットカードは1ヶ月の支払い額に対して、ポイントが付与されます。例えば、1ヶ月に2回買い物して、780円 + 220円 = 1000円使用した場合を考えましょう。

1ヶ月の支払いに対して、200円ごとに8Ponta付与される場合は、40Ponta付与されます。

一方、1回の支払い200円ごとに8Pontaが付与される場合、780円→24Ponta、220円→8Pontaで合計32Ponta付与されます。

ローソンPontaプラスは支払いごとにPonta付与されるため、Ponta付与に反映されず切り捨てられる金額が大きくなりやすいというデメリットはあります。そのため、1ヶ月の合算に対してポイントが付く他のクレジットカードに比べて、効率的にポイントが貯まりません。

とはいうものの、100円未満切り捨て程度なので、そこまで大きな金額が切り捨てられるわけではありません。あまり大きなデメリットとして捉えなくてもいいと思います。

ローソンPontaプラスでお得な生活を!

ローソンPontaプラスはローソンでの買い物においては4%の高還元率クレジットカードになります。また、貯まるポイントがPontaであり、使い勝手が良い点もグッドです。メインカードではなく、サブカードとしてローソンでの買い物ピンポイント起用がおすすめです。

例えば、月3000円ローソンで買い物する場合、ローソンPontaプラスで支払えば、最大120Ponta貯まります。1年間で1440Ponta貯まり、お試し引換券を利用すれば、最大4320円相当の商品に交換することができます。

日頃からローソンを利用している人にとっては、いつも通り生活しているだけで、1年後4320円の商品がもらえることになります。想像すると、うれしい気分になりませんか。

ローソン利用者にとっては強くおすすめするローソンPontaプラス、是非この機会に作って少しお得な生活をしてみてはいかがでしょうか。

ローソンPontaプラスを申し込む

-お金
-

Copyright© RunRun blog , 2021 All Rights Reserved.