お金

Kyash Cardで持っているクレカをもっとお得に!メリット、デメリットを徹底解説

今使っているクレジットカードをもっとお得にしたい。

これからクレジットカードを作りたいけどお得な使い方を知りたい。

そんな方におすすめするのがKyash Cardです。クレジットカードを日頃から使っている人は必須といっても過言ではないカード。本記事では、なぜKyash Cardを持つべきか徹底解説します。

RunRun

どーも、RunRunです。僕は普段から10枚以上のクレジットカードを使い分け、効率的に貯めたポイントでプチ贅沢をすることで快感を得ている変人節約マニアです。

今回紹介するKyash Cardは、持っているクレジットカードと組み合わせることでKyash Cardとクレジットカードの両方のポイントを二重取りできるお得なカードです。是非、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

Kyash Cardの申し込みはKyashアプリから

Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

Kyash Cardのメリット

Kyash Cardはプリペイド式のVisaカードです。Visa加盟店で使用できるので、基本的にはクレジットカード支払いできるオンライン、実店舗で使用可能です。

チャージできる手段としては以下の5つです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • コンビ二チャージ
  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)

今回紹介するのは、最もお得なクレジットカードによるKyash Cardへのチャージについてです。

「わざわざKyash Cardにクレジットカードでチャージして使用しなくても、クレジットカードを直接使えばいいじゃん」と思ったあなた。鋭いです。なぜこんな遠回りみたいなことをやっているのか。ずばりお得だからです!

Kyash Card使用時のポイントとクレジットカードチャージ時のポイントが両方とも付与され、ポイントの二重取りが可能です。これがクレジットカードでチャージしたKyash Cardを利用する最大の理由です。

Kyash Cardの還元率は1%

Kyash Cardは還元率1%です。ポイント付与単位は支払いごとに100円につき1ポイント(Kyashポイント)貯まります。

例えば、1回の支払いで1850円の支払い額であれば、1800 × 1% = 18ポイント貯まります。100円未満の支払いは切り捨てられます。

Kyash Cardで貯まったKyashポイントは使いやすい

貯まったKyashポイントは1ポイント = 1円としてKyash Cardにチャージできます。1ポイント単位でチャージできるので、無駄になることありません。

ただし、ポイントの獲得が180日間ない場合、貯まっていたポイントが失効してしまいます。ポイントが貯まっていることに気づいたら、即Kyash Cardにチャージしておきましょう。

Kyash Cardへのチャージは、Kyashアプリから簡単に行えます。月1回程度の頻度で貯まったポイントをチェックして、全ポイントをチャージしておくことのが良いでしょう。そうすれば、ポイントが失効してしまうことも防げます。

Kyash Card + クレジットカードでポイント二重取りに!

Kyash Card利用時に1%還元されるだけでもお得ですが、Kyash Cardが本領発揮するのは、クレジットカードによるチャージと組み合わせてポイント二重取りするときです。

クレジットカードによるチャージ方法は、リンク(自動チャージ)と都度チャージ(手動チャージ)の2種類あります。

リンク(自動チャージ)は、Kyash Cardの残高が不足すると自動でクレジットカードから不足分が即時にチャージされ、支払いが完了します。

例えば、Kyash Cardの残高が5000円で20000円の買い物をした場合、不足分の15000円を自動的にクレジットカードから即時チャージされ、支払いが完了します。

都度チャージ(手動チャージ)は、手動で設定金額をチャージすることができます。リンク(自動チャージ)のように不足分が即時チャージされません。買い物前に残高を確認しておきましょう。Kyash Cardが残高不足だと支払いには使えません。

基本的にはリンク(自動チャージ)に設定しておけば、問題なくKyash Cardは使用できます。チャージする手間も省けるので、ほぼクレジットカードと同じように使うことができますよ。

それでは、Kyash Cardと組み合わせるとお得度マックスになるクレジットカードを2つ紹介します。

Kyash Card + リクルートカード

Kyash Cardとリクルートカードを合わせることで、1%(Kyash Card) + 1.2%(リクルートカード)のポイントが付与され、還元率は2.2%になります。

また、リクルートカードで貯めたポイントはPontaに交換し、ローソンにてお試し引換券に変えることで、実質還元率は2.4~3.6%になります。

以上のことを考慮すると、リクルートカードでチャージ設定したKyash Cardを使って普段の買い物をすると、3.4~4.6%の実質還元率になります。ポイントアップなしの通常の買い物でこれだけの還元率を誇るのは最強といっても過言ではないでしょう。

僕も普段からスーパー等での支払いはこの方法を使っています。最終的には、お試し引換券で交換したローソンの商品が大量にもらえます。プチ贅沢で楽しいです!楽しみながら節約することが節約を続けるコツなので、「楽しそう」って思ったあなたは是非試してみて下さい。

関連記事
リクルートカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

初めてのクレジットカードは何を作ったらいいかな。 クレジットカードデビューして間もない初心者だけど、2枚目、3枚目のカードとしてお得なクレカを知りたい。 そんな方に自信をもっておすすめするカードがリク ...

続きを見る

Kyash Card + REXカード

Kyash CardとREXカードを合わせることで、1%(Kyash Card) + 1.25%(REXカード)のポイントが付与され、還元率は2.25%になります。

関連記事
REXカードはお得か?メリット、デメリットを徹底解説

初めてのクレジットカードは何を作ったらいいかな。 なるべく普段使いでポイントザクザク貯まる高還元率カードを作りたいな。 そんな方におすすめするのがREXカードです。年会費無料カードではNo.1の還元率 ...

続きを見る

なお、基本的にはリンク(自動チャージ)がおすすめですが、Kyash CardとREXカードの組み合わせに限り、都度チャージ(手動チャージ)設定で、2000円単位でチャージすることをおすすめします。

理由は、REXカードは2000円ごとに25ポイント貯まり、2000円未満は切り捨てになってしまうからです。

例えば、リンク(自動チャージ)設定し、1ヶ月のREXカードによるチャージ金額が3500円だった場合、2000円分の25ポイントのみ付与され、残りの1500円分はポイント付与されません。

このように切り捨てられる金額が大きく、効率的にポイントが稼げないケースを防ぐためにも、Kyash CardにREXカードでチャージする場合は、リンク(自動チャージ)ではなく、2000円単位で都度チャージ(手動チャージ)しましょう。

なお、都度チャージ(手動チャージ)は24時間で5万円までしかチャージできませんので注意してください。5万円より大きな金額をチャージしたい場合は、何日かに分ける必要があります。

Kyash Cardの申し込みはKyashアプリから

Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

なお、リクルートカードやREXカード以外のクレジットカードをKyash Cardに紐づけたい人は、こちらの記事を参考にしてね!

関連記事
【2020年版】クレジットカードはこう使い分けろ。最もお得な使い分け方を徹底解説!

いろいろなクレジットカードがあるけど結局どのカードを持ったらいいの。 ネット上にはクレジットカードの詳しい解説がいっぱいあるけど、細かすぎてよく分からない。 そんな悩みを解決するために、この記事ではど ...

続きを見る

Kyash Cardのデメリット

ここまで、Kyash Cardとクレジットカードを組み合わせることで最強の還元率が得られることを説明してきました。ここからはKyash Cardのデメリットについて説明してきます。

Kyash Cardは発行手数料、更新料がかかる

Kyash Cardは発行手数料が900円かかります。また、Kyash Cardの有効期限は5年間で更新料も900円かかります。

5年ごとに900円かかるので年会費は無料と謳っているものの、実質年会費180円と考えられます。

これを安いとみるか高いとみるか。1%還元率なので、年間18000円以上使う人にとっては実質年会費以上をポイントとして回収できるので、作っておいても損はないでしょう。

個人的には、Kyash Cardはかなり使い倒しているので実質年会費180円ならば作った方がいいと思っています。もし、年間18000円(月1500円)以上、Kyash Cardを使いそうだと思う人は申し込んでみてはいかがでしょうか。

Kyash Cardによる還元対象決済は月12万円

Kyash Cardによる還元対象決済は月12万円までです。すなわち、どんなに効率的にポイントを貯めようとしても、1200ポイントまでしか貯まりません。

なお、Kyash Cardの利用自体は月100万円まで、1回の決済では30万円まで利用できます。しかし、12万円以上の利用金額に関してはポイントが付与されません。

1ヶ月間の支払いが12万円を超えた時点でKyash Cardは使わず、リクルートカードやREXカードなどの高還元クレジットカードでの支払いに切り替えましょう。

Kyash Cardの詳細はこちら

Kyashポイントの有効期限は180日

Kyash Cardで貯まったKyashポイントは、180日間獲得がない場合、失効します。普段からKyash Cardを使用してちょこちょこポイントを獲得している場合、ポイントの失効はありません。

しかし、Kyash Cardを使う機会があまりない人は、気が付いたらポイントが失効していることもあるので注意が必要です。

ポイントを失効させないコツとしては、Kyashポイントが付与された段階でアプリから即チャージしておくことです。こまめにポイントをチャージしておくことで、ポイント失効を確実に防ぎましょう!

Kyash Cardでお得な生活を!

Kyash Cardは高還元クレジットカードを組み合わせることで、還元率爆上げの最強カードになります。

特に、Kyash Card + リクルートカードやKyash Card + REXカードの組み合わせによって、普段の買い物でも2.2%以上の還元率が得られます。

その場合、あなたが年間36万円(月3万円)の買い物すれば、1年後に7920円相当のポイントが貯まることになります。

月3万支出の今まで通りの生活をしているだけで、7920円もらえたら超うれしくないですか。7920円あったら高級ディナーも十分食べられますし(笑)。

さあ、あなたも今日からKyash Cardで少しお得な暮らしをしてみるのはいかがでしょうか。

Kyash Cardの申し込みはKyashアプリから

Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

-お金
-

Copyright© RunRun blog , 2021 All Rights Reserved.